ホルモン剤使用時の副作用について知っておこう

ホルモン剤を使用してみよう!とお考えの方、ホルモン剤を使用した時の副作用について知識を身に付けておきましょう。 - 更年期で使用されるホルモン剤の副作用について

更年期で使用されるホルモン剤の副作用について

女性の更年期障害の治療法としてエストロゲンを投与しておこなうホルモン剤による治療法がありますが、皆さん気になさるのがやはり副作用について。
過去に、エストロゲンの投与で乳癌のリスクが高くなると言われていた事もあったのですが、実際の調査では全く違う結果が出ています。
ホルモン剤治療に不安がある方はこちらの記事を参考にしていただければ思います。

乳房の痛み・ハリ

…ホルモン剤を投与されると乳房に痛みが出たりハリが出る事がありますが、これはエストロゲンによる副作用です。
ですが、時間が経過すれば和らいできますので心配はいりません。
量や服用回数を減らす事により大幅に軽減する事も出来ます。

不正出血について

…ホルモン剤の服用でも多いケースが不正出血です。
女性ホルモンが活発になる事によるものなので、特に悪い影響を与えているのではありませんのでご心配なく。

子宮癌について

…長期間投与していると子宮内膜が一気に増える事で子宮体癌になる%が高くなると言われています。
ですので、エストロゲンと同時に黄体ホルモン剤を投与する事で軽減出来ます。
けれど、比較的短期間(3か月)程度であればエストロゲンのみの投与でも子宮への影響は少ないと言われています。
上記で挙げた副作用以外にも胃のむかつきや体のむくみという副作用が起きてしまう事もあります。
こうした副作用が出てしまった場合には必ず医師へ報告・相談を行ってください。
また、副作用を軽減させる為に自分自身で出来る事はする事が大事です。
また、乳癌以外の副作用に関して間違った情報を信じている人が多いのも現状です。
不安に思った事や副作用について知りたいのなら、医師へ確認する方が確実だという事を忘れずにいてください。

関連する記事