ホルモン剤使用時の副作用について知っておこう

ホルモン剤を使用してみよう!とお考えの方、ホルモン剤を使用した時の副作用について知識を身に付けておきましょう。 - 女性ホルモン剤による副作用について

女性ホルモン剤による副作用について

女性ホルモン剤を服用する上で副作用はつきものです。
そこで、今日はホルモン剤を投与した場合の副作用についてまとめてみたのでご覧ください。

代表的な副作用とは?

むくみ・食欲の減退・発疹・頭痛・肩こり・眩暈・倦怠感・熱発・吐き気・のぼせとホルモン剤による副作用は自律神経失調症・更年期によく見られる症状と類似しています。
鬱の様な症状が出たりやる気が起きないと精神面へ与える影響が強く出る傾向があります。

女性ホルモン剤が与える発癌への影響

ホルモン剤を服用すると発癌性が高いと耳にした人もいると思います。
ヨーロッパでは女性ホルモン剤が多く使用されていた国で、国内の更年期症状のある女性の50%以上がホルモン剤を使用しているという話もあります。
実際に、長期間ホルモン剤を投与する事で乳がん発症へのリスクが高いという研究結果もありますが、研究に研究を重ねた結果、短期間の投与であればリスクをかなり軽減出来ると判断されました。
投与しないよりも、短期間投与する事の方がメリットが高いという結果が出たのです。
仮に長期間の投与を行う場合には、黄体ホルモン剤と併用して投与する事でリスクを回避出来るという結果も出ています。
最近はホルモン剤や薬の副作用を恐れホルモン剤の服用を嫌がる女性達が増えていますが、間違った判断をすると悪化してしまう事もあります。
その為に医師の診断の元きちんとした服用・用量を守りる事と副作用を軽減する為の工夫を行う事により、辛い副作用から解放されるとも言われています。
また、ホルモン剤の種類や期間を調整する事によりほとんど副作用を感じる事なく治療出来るケースもありますので、担当医と相談してうまくホルモン剤と付き合っていく事が大事です。

関連する記事