ホルモン剤使用時の副作用について知っておこう

ホルモン剤を使用してみよう!とお考えの方、ホルモン剤を使用した時の副作用について知識を身に付けておきましょう。 - ホルモン剤服用時に起る副作用とは?

ホルモン剤服用時に起る副作用とは?

女性は婦人科系の疾患の治療でホルモン剤を服用している人は少なくありません。
ですが、ホルモン剤を医師から処方され説明を受けたとしても、副作用がないか?という不安は消えません。
そこでここではホルモン剤の副作用がどんなものなのか?について解説していきたいと思います。

ホルモン剤服用時の副作用

?むくみ
?頭痛や眩暈
?嘔吐や吐き気
?不正出血
?倦怠感や睡眠障害
?やる気がない、うつ症状等精神の乱れ
?乳房の痛みやハリを感じる
ホルモン剤を服用するとエストロゲン・プロゲステロンが増える事によりこの様な症状が現れる事があります。
ピルを服用している女性は妊婦と同じ位のホルモンバランスになる事から、妊娠した時の様な吐き気や眩暈などの副作用が出るケースもあります。

生理に与える影響について

ホルモン剤は生理周期にも影響を与える事があります。
女性ホルモンがホルモン剤で増量すると子宮内膜が剥がれ落ちにくい状態になり生理を遅らせる原因になります。
プロゲステロンが含まれるホルモン剤を服用中は生理周期が大分遅れてしまう人も少なくありません。
ですが、服用を止めてしまえば直ぐに生理がスタートするので心配はいりません。
さてこの様に、ホルモン剤を服用する事で上記に紹介した副作用が起こる可能性はありますが、医師の診断の元きちんとした用法・用量を守っていれば特に心配はありません。
けれど、あまりにも副作用が強いと感じる時や、生活に支障が出る程の副作用を感じるのなら、その段階で直ぐに医師へ相談をしてください。
薬を別の種類に変えたり、量を調整する事で大方は改善出来るものなので、自己判断はせずに必ずかかりつけの医師へ相談する事が一番大切な事です。

関連する記事